上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.12 帰宅
電車が止まり、帰宅できない状況に。

会社からは徒歩で帰れる人は帰り、帰れない人は会社で待機と指示が。

徒歩で帰るか、電車が動くまで待つか。

この時点では、このような大変な状況になっているとは夢にも思わず、インターネットでひたすら情報収集。

時間が経つにつれ、今回の地震の影響が徐々に判明。

JRや私鉄は復旧の目途がたっておらず、発電所もいくつか停止している状況。

この状況だと、明日の朝もどうなっているか分からない。

携帯、PC、iPhoneの充電を完璧にして、徒歩で帰ることに。

iPhoneの「マップ」アプリで自宅までの経路を確認。

自宅までは、19km。徒歩で4時間。

なんとかなると踏み、会社を出発。

思った以上に、徒歩で帰る人がいました。

3/11 帰宅

意外と夜は寒く厳しい状況でしたが、至る所で暖かい支援が!

個人でやれているお店や企業が、トイレや休憩所などに場所を開放していたり、避難所ではカイロや防寒グッズの配布など助け合いの精神があふれてました。
(青学でカイロと防寒グッズをいただきました

3/11 帰宅
 <青山学院での避難状況>

あと、都内のディスカウントストアでは自転車がかなりの勢いで売れてました。噂では、スニーカーもかなりうれていたとか。(ハイヒールを履いているOLの方々が買われていたとか)

千代田区から横浜まで歩きましたが、沿道の企業やお店が路線の運行状況を知らせてくれたり、無償で暖かいコーヒーを配布してくれてたりしてました

都会は人間関係が希薄だといわれていますが、人の暖かさ、助け合いの心を非常に感じました。

あと、iPhoneのすごさを改めて感じました。千代田区から横浜まで徒歩で帰ったのですが、一切迷うことなくiPhoneの「マップ」アプリに従い、問題なく帰ることができました。



夜が明けて、仙台や福島の震災状況が明らかになってきました。

思った以上に大変な状況です(言葉が見つかりません)。

自分にできることは限れらていますが、できることはやっていきたいと思います。

まだ、多くの行方不明者の方がいらっしゃるとのこと。

多くの方が無事であることを強く願っております。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://osalu73.blog103.fc2.com/tb.php/84-abcfbd5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。